一時抹消登録した車にもう一度乗りたいときは

一時抹消登録した自動車にもう一度乗りたいとき、つまり、もう一度公道を走れるようにしたい場合は「中古車新規登録」の手続きを行います。

一時抹消登録とは、長期に渡って病気治療のために入院する場合や海外出張をするというような場合に、一時的に自動車に乗ることをしないので、廃車手続きをして自動車税や自賠責保険の支払をストップさせるために行う手続きのことです。

この一時抹消登録をする際には、ナンバープレートを外して運輸支局へ持っていってしまいますし、一時抹消登録証明書が発行されます。そして、車に乗ることはできなくなります。ですから、もう一度、自動車を公道で走らせるようにしたいときには、そのための手続きをする必要があります。

一時抹消登録から車を復活させるための手続きは「中古車新規登録」です。中古車新規登録は、自動車の使用者の住所を管轄する運輸支局で行います。軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で手続きします。

中古車新規登録の方法

中古車新規登録をする際は、まず、車の使用者が住んでいる地域の警察署で、車庫証明書「自動車保管場所証明書(車庫証明)」を発行してもらい、その他の必要書類を用意します。

必要とする書類は、
申請書、手数料納付書、定期点検整備記録簿、自動車検査票(検査ラインを通るときに必要な書類で、検査手数料の検査登録印紙を貼付けしたものが必要です)、一時抹消登録時と所有者が違う場合には譲渡証明書、一時抹消登録証明書、自賠責証明書、自動車重量税納付書、所有者と使用者が同じ場合は、発行から三ヶ月以内の所有者の印鑑証明書、所有者の印鑑、発行後一ヶ月以内の自動車保管場所証明書、所有者と使用者が異なる場合は、発行から三ヶ月以内の所有者の印鑑証明書、所有者の印鑑、所有者の委任状(代理人が申請する場合は、所有者の実印が必要です)、使用者の住民票・もしくは印鑑証明書・法人の場合は登記簿謄本、使用者の印鑑、使用者の委任状(代理人が申請する場合は使用者の認印が必要です)、発行一ヶ月以内の使用者の自動車保管場所証明書です。

申請書、手数料納付書、定期点検整備記録簿、自動車検査票、譲渡証明書については、運輸支局で準備できます。必要な書類が準備できたら、仮ナンバー申請を行い、自賠責保険に加入します。

中古車新規登録には、運輸支局に登録する自動車を持ち込む必要があるので、仮ナンバーが必要ですし、自賠責保険への加入も必要になります。

運輸支局或いは市区町村で、自賠責保険の証明書の原本、自動車車検証或いは一時抹消登録証明書、免許証、印鑑、仮ナンバーの取得費を用意して仮ナンバーを申請し、保険会社で自賠責保険を申し込みます。

上記のように必要書類を揃え、仮ナンバーや保険などの準備ができたら、自動車を運輸支局へ持ち込み、運輸支局で車検を受けます。

書類に不備がなく、車の車検も終了すれば「中古車新規登録」の手続きは完了です。ナンバープレートが発行され、車に取り付け貰って、公道を走ることが出きるようになります。