一時抹消した後、永久抹消したい

後になって車に乗るので一時的に廃車手続きをしようという場合は一時抹消登録をしますが、その後、やはり自動車を使用しないので永久抹消登録を行おうというときもあります。

このような場合に、一時抹消登録から永久抹消登録に変える場合の手続きは、まず、一時抹消登録証明書の原本を用意します。次に業者の自動車解体処理をしてもらい、運輸支局に行って必要書類を提出します。

一時抹消登録から永久抹消登録をするときには、

  • 申し込み書
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録証明書の原本
  • 所有者の実印
  • 所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 車検証(自動車検査証)
  • ナンバープレート
  • 移動報告番号と解体記録日が書かれた書類

が必要です。

このうち、「申し込み書」、「手数料納付書」は、管轄の運輸支局で用意します。

代理人が申請に行くときは解体届出用の委任状が必要です。

一時抹消登録証明書は、一時登録抹消をした際に発行されるもので、とても大切な書類なので大切にとっておく必要があります。解体業者や整備工場などで自動車の解体をしてもらうと、「移動報告書」と「解体記録日」が記載された書類をもらえます。

この書類も、一時抹消登録から永久抹消登録に変えるときの申請に必要です。

運輸支局の書類販売窓口で申込書を購入して記載しますが、重量税の還付手続きをする場合は、口座情報の記入もし、手続きが完了した際には「自動車重量税還付申請書付表」を貰います。

このように一時抹消登録から永久抹消登録の手続きを行います。書類に不備がなければ、永久抹消登録は完了します。

一時抹消登録は、長期間車を使用しないというような場合に行う手続きです。手続きをすることで、年末の自動車贅税を支払う必要がなくなります。永久抹消登録を行うつもりであっても、まず、一時抹消登録の手続きをし、解体業者に自動車を解体してもらって解体届を出す方法もあります。この方法を、「解体抹消」といいますが、解体抹消を行うことによって自動車税がお得になることがあります。それは、解体を待っている間の2・3週間の間に月またぎになってしまうと、自動車税の還付が少なくなります。このような場合に、解体抹消を行ったほうが、還付金額が多くなるのでお得になります。ですが、少し手続きが面倒です。

自分で抹消手続きを行うときには、抹消登録を2回行うことになります。交通費や手続きの際の費用がかかることを考えると、必ずしも解体抹消がお得とは限らないこともあります。