ローンが残っている車を廃車にする方法

車にしばらく乗らない、事故車になってしまった・・・など、廃車を考えるとき、ローンが残っている場合はどうしたらよいのでしょうか?

まず、ローンが残っている場合は、自動車の所有権が誰か?ということによって違ってきます。

車検証に書かれている自動車の所有権が、自分になっているのか、ディーラーや信販会社になっているのかを確認してみてください。

所有者が自分以外の場合

所有者が、ディーラーや信販会社など、自分以外の場合は、ローンを払い終わっていなければ廃車にすることができません。つまり、廃車にするときに、残っているローンを全て一括で支払う必要があるということです。

しかし、ディーラーや信販会社によって、ローンを組み替えたりすると廃車を認めてくれるところもあります。

廃車にできなければ、自賠責保険や車関係の税金なども払い続けなければなりません。所有者であるディーラーや信販会社に、まず交渉してみてはいかがでしょうか。

所有者が、ディーラーや信販会社になっている場合は、所有権を自分に変えて廃車にする方法と、ディーラーや信販会社に廃車を依頼する方法があります。

必要な書類を準備して名義を変えて廃車手続きをする、或いはディーラーや信販会社に廃車の依頼をしましょう。そして、廃車の手続きをディーラーや信販会社に依頼した場合は、運輸支局から発行される抹消登録証明書を必ず貰うようにします。通常であれば、廃車を依頼したディーラーや信販会社が、廃車の手続きが終わった時点で渡してくれるのですが、一部渡してくれない業者があります。

必ず自分の手元に貰うようにしましょう。

所有者が自分の場合

車の所有者が自分の場合は、ローンが残っていても廃車にすることができます。しかし、ローンが残っている場合は、廃車にした後もそのローンを払い続ける必要があります。

つまり、廃車にしたからと言ってローンがなくなるわけではありません。

それでも廃車にしたいときには、一般的なの廃車の手続き方法で、廃車にすることができます。
また、ローンだけでなく、自動車税が未納になっている場合も廃車にできるのかどうか?心配な人もいるかもしれません。自動車税が未納の場合は、廃車の手続きをすると、運輸支局から未納分の請求書が送られてきます。その請求書を受け取ったときに、未納分の自動車税を払えば問題ありません。つまり、自動車税が未納の場合は、一般的な廃車の手続き方法で廃車にすることが可能です。